インライン導電率・比抵抗測定機器 一覧

 

 

 

プロセス計器は大きく分けて2つの系統が用意されています。従来のプロセスモニターとセンサーの組み合わせによる測定に対し、センサー本体に

 

伝送機能と校正機能を内蔵したスマートセンサーがあります。

 

 

 

 

 

 

 

<一覧> 図をクリックすると詳細情報のページ、ファイルが表示されます。

 

 

 

 

 

 

     

 

 

       

 


 

校正

   

 

 

 

 

 

 

         

 

 

 

     

 

 

       

 


 

校正

   

 

 

 

 

 

 

 

 

長期にわたり校正・保守を行わず測定し続ける必要があるプロセスに対しては、

 

電磁誘導式導電率計を用います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

 


 

 

 

 

スマートセンサー

 

 

スマートセンサーはセンサー本体にアナログ信号(4-20mA)あるいはデジタル通信の伝送機能を内蔵しているためモニターの設置は必要なく、代わりにインターフェースモジュールを盤内に設置します。測定値はインターフェースモジュールを経由し出力される絶縁された4-20mAの信号で表示装置へ伝送、あるいはセンサーハブを経由して汎用のデジタル通信で表示装置へ伝送します。

 

校正する時はセンサーをハンディユニットに接続、付属のUSBケーブルでお手持ちのPCと接続し校正に適した環境で行います。

 

また校正作業でプロセス監視が行えない時間を最短にしたい場合、予備の校正済みスマートセンサーと入れ替えることで運転停止時間を最小にすることができます。

 

 

 

 

・アナログ信号で使用する

 

・デジタル通信で使用する

 

 

 

 

 

 

 


 

校正

ARC Mirror アークミラー  

 

 

 

 

 

 

         

 

 

△ TOP