ハミルトン社

 

トランスミッター内蔵導電率プロセスセンサー

 

 

 

 

 

 

トランスミッター内蔵プロセスセンサーとは

 

 

  センサー本体に測定に必要なすべての機能、外部出力を持つことで省スペース化します。またセンサーには校正データが保存されるため、予め

 

  校正されたセンサーをつなぐことですぐに測定に移行できます。

 

 

  1.センサーは本体にアナログ伝送機能及びデジタル通信機能を持ちます。

 

 

  2.測定値を表示する機能はもたず、測定値を4-20mAアナログ信号で本体から直接出力し制御装置もしくは表示装置に入力し、入力側で表示を行

 

    ます。

 

 

  3.PCとのデジタル通信を通じ校正、測定レンジ、センサーの状態確認を行えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サニタリープロセス用4電極導電率センサー

 

 

高い洗浄性を持つ電極はバイオ、食品プロセスに適合します。

 

またハイジェニックソケットホルダーを用いることでイーヘッジに適合します。

 

4電極構造により、電極表面の劣化を防ぎ、長期間安定した導電率測定、そして

 

1μS/cmから300mS/cmまで優れた直線性を広いレンジで持っています。

 

 

映像をクリックすると詳細仕様が表示されます

 

 

滅菌対応

 

 

 

130℃蒸気滅菌

 

 

定置洗浄

 

 

オートクレーブ

 

   
   

 

 

電極材質:SUS 1.4435

 

  

 

 

 

電源、インターフェース

 

   

 

 

電源

 

 

アナログ信号 x 1

 

 

通信

(マルチドロップ対応)

 

   
   

 

 

 

 

 

関連製品

 


 

 

 

 

センサー取付用ホルダー

校正用導電率標準液

 

 

 

 

 

関連資料

 

 

 

 

アークセンサーカタログ

 

 

アークセンサーCE適合宣言

 

 

 

 

 

 

 

△ TOP